ダコタ財布やメンズファッションのトレンド〜おしゃれボウズ隊〜

ハンサム

身だしなみは男のマナー

ファッション

よく、人は見た目じゃないという人がいるが、あれは半分正解で、半分間違っている。確かに人は見た目だけでは価値は測れないものだ。しかし、見た目が重要な決め手となることはいくつもある。
ちょっと極端な例を出すとしよう。例えばあなたは父親であり、娘が彼氏を連れてきた場合、身だしなみが小綺麗な男とみすぼらしく薄汚れた格好をしている人だったら、よっぽどのひねくれ者でもない限り前者を歓迎する。これはなぜか。見た目をしっかりと綺麗にしているというのは礼儀の一種だからだ。
人に会う、人に挨拶をするには一定の礼儀が必要になってくる。そしてその礼儀の一部であるのが身だしなみだ。身だしなみをきちんとしているということは礼節を少なくともわきまえているということであり、人に合うのにみすぼらしい格好をしているというのはその人を軽んじているということになる。
なので着飾るというのはおとなになれば当然しておかなければならないマナーの一種でもあるのだ。
世間一般でいう天才や奇才の持ち主は、見た目にこだわらず着飾ることを軽視している。と思われているフシがあるが、それは誤りだ。本当の天才や奇才というのは、しっかりとそういうものもわきまえている。風変わりな思考であまり着るものに無頓着というのは、頭がいいのではなく、やりたいことをやっていて大人がするべき責任を放棄している子供のようなものである。
なので、メンズファッションというのは、マナーでもあるのだ。